沼袋ゆうしん接骨院 > 各種保険診療・交通事故診療について

各種保険診療・交通事故診療について

各種保険診療

当院では、各種保険も取り扱っております。
※症状や治療内容により保険での診療が出来ない事も有りますが、その際は事前にお伝え致しますのでご安心ください。
※テーピング・包帯交換等で実費を頂く場合もございますので予めご了承下さい。

交通事故診療

交通事故診療では、手続きが必要になってきます。
もし交通事故にあってしまった場合以下の手順を行っていただくことで安心して診療が行えます。
もっと詳しい内容が知りたい方は当院までいつでもご相談ください。また手続きの代行も行っておりますので煩わしい手続きもスムーズに行えます。

  • まずは警察に届出を出しましょう。

    交通事故は大小に関わらず、加害者はもちろん、被害者からも必ず届け出る事が必要です。(怪我を負っている場合は「人身扱い」の届出が重要になります)
    →自賠責保険、任意保険、どちらも事故証明が必要です。届け出を怠ると交付されません。
    仮渡金の請求等で必要ですので、早めに自動車安全運転センターへ交通事故証明書の交付を依頼しましょう。

  • 以下の3つの情報を必ず控えましょう。

    ・加害者の氏名、連絡先(携帯電話も)、住所
    ・車の登録ナンバー
    ・任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社の名称

  • 事故現場の目撃者を確認しましょう。

    面倒なトラブルに発展してしまった時も、第三者の証言は効果があるので、通行人や近隣の方に目撃者がいれば、協力を申し出ます。そして証言は必ずメモをとり大切に保管して下さい。その際に、何かの時に協力して頂けるようお願いをし、氏名や連絡先を聞いておくことも大切です。

  • 事故現場の状況を記録しましょう。

    事故当時はショック状態(ある種の興奮状態)にあるため、その時の記憶が薄れる事があります。可能であれば事故直後の現場の写真(ほとんどの携帯電話に付いています)、現場の見取り図、その後の経過等を記録しておきましょう。賠償交渉が終了するまで大切に保管して下さい。

  • 病院に行きましょう。

    交通事故の施術を受けるには、必ず医師に見てもらう必要があります。病院の優れている事として、まず画像判断があげられるでしょう。整骨院ではレントゲン撮影はできません。そして、その後の施術方法として整骨院という選択肢がある事を知って下さい。病院の施術では改善されなかった症状も整骨院で改善された症例は、枚挙に暇がありません。

  • 病院へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。

    示談の時に必要になる書類は医師にしか書くことができません。必ず必要になりますので、了承を得た上で整骨院へ行きましょう。
    ※当院にご連絡を頂ければ、病院とのやりとりも代行・アドバイス致しますので、ご安心ください。

  • 保険会社へ整骨院で施術を継続する旨を伝えましょう。

    あなたが保険会社へ連絡をすると、保険会社から当院に交通事故症状改善の依頼があります。そこではじめて施術を開始できます。
    ※当院にご連絡を頂ければ、保険会社とのやりとりも代行・アドバイス致しますので、ご安心ください。


pagetop